京都・のんびり・ひとり暮らし

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

魔法陣グルグルは深夜アニメだけど、夕方アニメの雰囲気。

「帽子」

 

つばつきの折りたためる帽子を買いました。

 

とっても便利です。

 

強い日差しからわたしの肌を守ってくれます。

 

小雨が降っても顔は雨にかかりません。

 

なんだか涙が出そうなときは深めにかぶって歩きます。

 

 

 

 

ポエマーきどって泣いてもーてるやないか!!

30歳、何がめでたい、だ。


さてさて今日も憂鬱をぶっ飛ばしていきましょう。

結局手っ取り早いのは人に会うこと、それとアニメを見ること、です。
というわけで実家に帰って、お母さんのご飯食べて、魔法陣グルグルの録画見てたらスッキリ。

 

魔法陣グルグル。今年30になったわたしからすると懐かしい以外の何者でもありません。
よく公園で魔法陣書いたような気がします笑
横でチラ見してた妹の感想としては、

 

この時代やのに絵のクオリティ低くない?


でした。(妹は自部屋でナルト見てる)


妹よ、それがいいのだよ、
最初たくさんの(自称)勇者が集ってるシーンがあって、その勇者たち、

 

動きなくて絵を揺らしただけやったからね!!


そんなことある?!とか思いながら。


はじまりもかなり唐突なところからはじまります。
急になんの脈略もなく、はじまります。
だけど、それでいいんです。
細かいことは、気にしないんです。はい。

 

ドラクエタッチな進め方です。
勇者(ニケ)の後ろに魔法使い(ククリ)ついて歩く、みたいな。
全員のレベルとHPが表示されます。
ドラクエが生み出したあのスタイルは未来永劫繰り返されていくのでしょう。

 

夜遅すぎなので録画で見てますが、笑えます。
10数年前に放送してたときの最終回も(あんまり覚えてないけど)そんな終わりなんかい!!って突っ込まずにはいられない終わり方だったんで、感動するの苦手なわたしにはもってこいなアニメです。

 

憂鬱、吹き飛びました?

 

 

紋郎