ひとりぐらしの真夜中

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

いざ、自分の為に身銭を切よ。

先日、主にシルバーのアクセサリーを売ってる妹が家にきた。

 

うちの合鍵を渡すとそのブランドのアクセサリーに合鍵をつけて、これいくらだと思う?と言われた。

30000円?と聞くと、もう少し頑張って!と言われたので90000円?と聞くと、25万円、と。笑

 

こんなものが25万円もするの?!と価値の全くわからないわたしからすると驚きしかなかったのですが、でもこれつけててかっこいいってお客さんに言われて、何本もこれ売って、その売り上げがボーナスに反映されてるからただみたいなもんやと思ってる。

 

と言った。

 

 

先行投資の重要性

うちの妹は売上が全国1位で表彰されたこともあるほどがつがつ売ってくる。

 

元々そのブランドが好きなわけではないのに、社販で少し安く買えてるとはいえ、100万以上は自社製品を買ってると言う。

 

妹ばか炸裂で申し訳ないけど、妹のかける金額の半分程度しか製品を買わずに(自分の身銭を削らずに)そんなような意気込みでうちの妹に勝つのは人柄、販売力、個人の魅力などもあり不可能だと思う。

 

同じ職場に妹がいなくて本当によかった!!!笑

 

100万かけたメリットをわたしが分析するなら、高額商品を売ることに躊躇がないというか、高額のレベルが高くなっている。

 

別の話でデニムが欲しいという話をしたときに、50000円のデニムは買う必要がない、それはわたし50000円のデニム履いてる!という見栄しかない。20000円ので十分やと言われた。

そっか20000円でいいんや!とわたしは一瞬思ってしまったのだ。

 

思ってしまったけどよくよく考えたらわたしからすると20000円のデニムは高い。

でも20000円のデニムでいいんだ!と一瞬思わせる力が彼女にはある。

店で言われてたら買ってたような気がする。

 

そう言いながら彼女が忘れないのはわたしは50000円のデニムも持ってるけど2000円のユニクロのやつを同じく重宝してる、と言う。

でも一生履けるのは20000円と。

20000円で一生履けるなら安い。

そしてデニムだけで20本持ってるからもうデニム欲しいとは思わない。と。

 

2000円のデニムも20000円のデニムも履きましょうよ、という提案でかつ20000円のデニムを安いと思わせる提案なのだ。

あーやっぱりそこで売ってたら確実に買ってる。笑

 

だから多分デニムやさんに転職しても成果を出すだろうし、どうやったら成果を出せるのかを若いうちにお金をつぎ込んでわかっているので、これからもずっと生きてくる経験だと思った。

 

これを是非自分にもあてはめてみたい。

お金はかけたら確実に成長が早まることを感じる。

 

シルバーアクセサリーという武器

すごくかぶるわけではないが、矢沢あい先生のNANAに出てくるナナ(ハチじゃない方)とうちの妹はかぶる部分がある。

 

ナナがもし、ひらひらのワンピースとか、甘い女の子らしいハチが着てるようなデザインの服を着ていたとしたら、あの強さは湧いてきただろうか、と思う。

 

妹はシルバーアクセサリーのコレクションが増えるにつれ強くなり、仕事への哲学が強まってきているような気がする。

 

男の人がごついシルバーアクセサリーをつけたいとか中学生が茶髪にしたいとかそういうものも強さへの憧れで、それを繰り返していくうちに本当に強くなっていってるのではないか。

 

わたしもシルバーのアクセサリーをひとつ妹にもらったが、そう思ってつけるとなんとなくパワーが湧いてくるような気がする。

 

ジェンダーレスという魅力

 男性向けのデザインを女性がつける、とかその逆とかこう雑誌から飛び出してきたようなまんま型にはまったような感じではなく、むしろその逆を取り入れていくというのはなんか面白みがあるなーと思う。

 

ちょっと前にジェンダーレス男子、ジェンダーレス女子というのが流行ったけど、中性的な魅力というのは世の中からも求められていると思う。

 

わたしもなでしこジャパンとか男子フィギュアスケートとか、どちらかといえばサッカーは男のスポーツだし、フィギュアも女子らしい要素の強い競技だがそれを女子が、男子がやるのが結構好きだ。

 

あとボーダーレスも好きで、日本人なんだけどどこか外国の文化を強く受けてるとか、そういうのに魅力を感じる。

 

多様な考え方を持ってそうだし、どちらかと言えば少数派になるので他人にも寛容な人が多い。

 

あと単純に何故それを選んだのか興味深いというのもある。

 

もし女の子らしいファッションなのにごついシルバーアクセサリーをつけてる人がいたら是非友達になりたい。

 

もう一つ、年相応でないというのも好きな考え方だ。

わたしは今着ている服は実はおばあさんっぽいんじゃないか、と思うことがあり、おばあさんになるまで着ていたら面白いなーなんて思ったりする。

 

女とはこうで、日本人とはこうで、アラサーはこうでなければなりません!というものからなんか抜け出したい願望が自分はあるんだろうなーってことで話をしめます。