京都・のんびり・ひとり暮らし

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

各々が狩りに出たくなるリーダーの話。

唐突だけど最近仕事が楽しい。

何度も辞めたいと思ってきたが、今はやりがいを感じてるのであまり思わない。

 

その理由のひとつは上司の職場環境作りだと思った。

 

できたら世の中の上司にはみんなそうなってほしい、と願うほど今の上司のことを尊敬しています。

 

 

リーダーに必要なこと、それは下を好きなようにやらせた上で駄目なところを修正していくこと、そして責任をとること。

 

と、わたしは思う。

今まで部活のキャプテンや会社でのチーフポジションや係長など組織のトップにたって束ねていく人を実際下につきながら見てきた。

 

もしわたしがキャプテンにこうしなさい、こうしなければならない、ということを強制されて、かつそれが納得できるものではなかったら、心を無にして作業をしていたかもしれない。

 

自分に裁量があるということは楽しい。

テレビゲームが面白いのは意思決定が自分にあるところ、だと思う。

キャプテンには、例えばやったことに対して逐一の報告を求める人、自分の中で正しいと思うことを強要する人、責任を部下に押し付ける人など見てきたが、人はたとえこき使われる側だったとしても自分で考えてゲームを動かしたいという希望がある、と思う。

 

仕事がモンハンでいうところのクエストの攻略。

わたしは体調不良で仕事を休んだことが一度もない。

すぐ休みますという人や関係ない雑談などして手が止まる人を見ると、わたしばかりが損をしているような気分になっていた。

 

今は自分に課されているクエストを自分のやり方でクリアしたいという気持ちが勝っているので、損をしているという不満が消えた。

 

タスクやTODOをこなすのではなく、クエストをどうクリアしていくかという感覚になれば、仕事はむしろやりたいものになる。

無報酬なのに何時間もモンハンをプレイしたくなるように。

 

新人はどんなに実績があろうととりあえず新しい職場の管理の元頑張りたまえ。

 

新しく入った人はどんなに能力が高い人でも、勘違いや伝達ミスなどこちらも予期せぬような失敗が起こりうる。

だからきつめに管理せざるを得ない。

自主性に任せられる、裁量を持てるというのは信頼関係を結んだ後と理解し、良かれと思って勝手に狩りに繰り出さない方がいい。ひとまず我慢して地道な経験値獲得とレベルアップを目指していこう。

 

雑談は大切なのかもしれない。

就業時間内に仕事とは関係のない話をするというのはよくないことだと思っていた。

うちのキャプテンはそれをある程度許容してる、というかしてても怒らない。

 

雑談が増えてから職場の雰囲気がよくなって、みんなが楽しそうに仕事をしているような気がする。

 

全然関係ない保育園の話だったりするが、人間関係が楽しいと仕事は楽しいと思えるような気がする。

 

アドラー心理学でも全ての悩みは対人関係と説いているけど、それも頷ける。

 

わたしの失敗にわたしより青ざめる。

わたし個人の失敗を職場の失敗ととらえる。すると自ずとその職場のリーダーに責任の矢が向く。

 

そういう意識がものすごくある方で、いつも申し訳なくなる。

 

これを職場の失敗と捉えられないリーダーはわたしには関係ないとか何故人の失敗をかぶらないといけないのかと考えたりするのかな、よくわからないけど、失敗が失敗しちゃった自分のせいになることはもちろん受け入れる、だけど組織の不利益より自分の不利益のことしか考えられないリーダーには、組織のメンバーは今後は防衛線を張ろうと要らん負のエネルギーを使うことになりうる。

自分を守るのが自分しかいなければそれは当然のこと。

 

そうなると職場の環境は全体的に悪化する。自分が損をしない為にはどう動いたらいいか、を第一目的とした人で構成されてしまい、一定レベル以上に働きかけようという気持ちは損なわせるかもしれない。

 

不満がある中でも仕事なので100%は目指す。

だけど120%、プラス20%部分をやることが楽しいと思わせる職場はいいな、と思った話でしたー!

 

 狩りにでようぜ!(ちなみにモンハンはやったこともなく、うろ覚えな知識です。)