読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都・のんびり・ひとり暮らし

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

90年代リバイバルブーム。ありがとう、ぼくらの勇気リバイバル!

最近わたしの世代(30代前後)が小学生ぐらいの頃好きだったものがよくリバイバルされている。

 

会社の先輩がわたしたちの世代が意思決定の場で意見を言ったり採用されたりする位置になってきてるからっていう説があるらしいですよー胸が熱くなりますね、と言った。

わたしも頑張らないとなーうん。 

 

 

この先輩、最近1800円出して限定のセーラームーンnanacoカードを予約していた。

1800円ってもはやポイント貯めるより高いのでは?!と突っ込みたくなる、というか突っ込んだけど、確かにデザインは可愛い。

 

f:id:monr:20170517232141j:image

 

別の先輩はコナンのnanacoカードを1800円出して予約していた。

 

f:id:monr:20170517232254j:image

 

セーラームーンとコナンに共通して言えることは謎のチャームはいらないから500円にしてほしいということ。

 

f:id:monr:20170517235206j:image

 

サンキューマートに売ってる懐かしいキャラのポーチたち。

 

ダサい。可愛い。

 

f:id:monr:20170517232639j:image

 

わたしは中高生に混ざってドラゴンボールを買いました。 

この藤紫色といい、ハートとか三角とか丸とかのデザインといい、昔感が溢れててダサいい!!(ダサくて良いという意味。)

 

 

ぼくらの勇気 未満都市リバイバルしようと思った人は間違いなくセンスがあると思う。

 

ぼくらの勇気とは当時絶大的に人気だったKinKi Kidsがお二人で出演していたことや、当時人気のジャニーズJr.(松潤も当時Jr.だった。)が出演していて、内容も重たいし、非現実的ながらわたしたちの世代で見てない者はいないほどの人気だった。

 

今はどうなのか知らないけど、KinKi Kidsが出始めた頃はジャニーズ内でユニットを組んでないジャニーズJr.が大人気でJr.だけで8時だJという看板番組も持っていた。

KinKi Kidsはユニットを組んでから長いことCDデビューをさせてもらえなかったこともあり、待ちに待ったデビューシングル、硝子の少年は爆発的に売れて、以来全てのCDだったかちょっとうろ覚えだけど、1位を獲得し続けている。(うろ覚えですみません。ファンの方すみません。)

 

とまぁ色んな追い風があってのぼくらの勇気だったので、みんなが見ていた。

 

数ある名作ドラマがある中で、ぼくらの勇気をリバイバルしようと考えた人は、ある一定の世代が間違いなく歓喜することを確実に予測している。

 

そして昔の大ヒット作というのは職場や友達とのコミュニケーションに一躍買うのです。

 

わたしも会社の昼休みにぼくらの勇気、と言った瞬間歓声があがり、同僚と手と手を取り合い喜びました。笑

 

おそらく30代、下手したら20代後半の女性社員がなんらかの形でぼくらの勇気やったら絶対視聴率取れるよ!!と意見を出しているものと思われます。

 

お偉い男性管理者はなんじゃそりゃ?ってなること請け合いです。

 

同世代女子がKinKi KidsやジャニーズJr.が当時如何に人気だったかをプレゼンしてる様を思い浮かべると、胸が熱くなりますね。

 

わたしも頑張らないとなーうん。