ひとりぐらしの真夜中

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

にんじんの千切り、前より上手くできるようになりました/中途半端にせず、集中して習得しようとしたら、少しずつ出来るようになっていった話。

 

f:id:monr:20170501233446j:image
じゃじゃじゃん。

まぁ普通なんですけどね。笑

 

にんじん3本を千切りにしました。

先週も3本千切りにしたのですが、先週よりも見た目も綺麗だし、早くできました。(と言っても多分普通の人に比べると遅いけど。)

 

前までのわたしなら、どうやったら正しく千切りが出来るのかをネットで調べるところからスタートしてたと思う。

調べるよりも先にやってみちゃった方が早いことに気がつく。

自分ひとりが食べる分だし、よく考えたら失敗しても全然問題ないことだった。

なんでも調べるくせ、辞めよう。
調べなくても、ちょっと考えればわかることってたくさんある。

1本だけ切ってたのでは気がつかなかったことがある。3本連続して千切りにするからこそ、こうした方がいいなぁというアイデアが思い浮かんでくる。

そしてきっとまた次やるときには忘れてしまってる。でも次は1本目の途中で気がつくかも。
定着したら、やっと自分のものになる。

繰り返し、繰り返し。

 

 

家事はつまらなくて嫌いだった。
料理も掃除も嫌いだった。
できたらその時間を少しでもなくしたいって思ってた。

そして中途半端にして、結局何も身に付かないままここまできました。

片付いてない部屋で、結局は何も出来てない自分に嫌気がさす。

確かに今も家事に価値を見出せないけど、少しずつ、確実に身につけていきたい。

時短とか効率よくとか、その後だとわかりました。
それは繰り返しやっていくうちに自分のものにしていくことです。

今のわたしにとって、家事はつまらないものですが、そういうものに隠された面白さを見つけていきたいです。