ひとりぐらしの真夜中

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

ハーフについてわたしが思うこと。

小沢健二さんがホームページに書いてたハーフじゃなくてダブルだよねについてハーフでもなんでもないわたしが恐れ多く意見したいと思います。

このダブルと捉える感覚って何か深いものを感じました。

Kenji Ozawa 小沢健二 Official Site ひふみよ

 

ダブルなのか、ハーフプラスハーフなのか。

 

どちらかといえばハーフプラスハーフって感覚がわたしにはあり、2つ持ってるというよりは半分ずつ持ってる、という感じがしていました。

(というか今までそこまで深く考えたことありませんでした。スマソ。)

 

小沢健二さんはハーフという言葉が差別的(半分しかないみたい)と言ってるわけではなく、不思議(何故ハーフになるのか)と言ってるので、感覚として2つと感じてらしてるんだなーと思います。そして最後にひとはみんなエブリ「ワン」で違いはない、と。

だったら余計にハーフプラスハーフじゃないのかと思ってしまいますが、単純な足し算ではなく、2つ持ってても3つ持ってても1と捉えてる。

でも考えれば考えるほどにそんな気がしてくる。

 

ミックスという概念。

 

最近は親同士の国籍や血筋が違う人のことをミックス(混ざってる)という言われ方もあるらしいけど、それは感覚てきにはないかも。

 

赤と白足したらピンク、みたいな感じがする。もしかしたらゆくゆくは巡り巡ってピンクという確固たる血筋も現れてくるのかもしれないけど、(完璧な日本人なんて歴史を紐解けばいないけど、日本人という血筋ができたように)

(ピンクじゃなくて)赤と白を持ってる、それも半分ずつじゃなくて1つずつ、でも1人の人ってのが自分的にはしっくりきた。

 

ハーフやミックスという呼び方を辞めてダブルにしよう、とかではなく、 自分の感覚の問題。

 

 

ちなみにいとこ5歳がスロバキアと日本のハーフでアメリカに住んでますが、先日あったときにフィリピンといったら、ちがうよフイピンだよと日本語で怒られました。笑 発音は完全にミーーックス!!

 

 

英語ではなんていうの?

そこで気になったのは外国の人はどのように呼んでいるのか。英語がかろうじて少しわかるレベルなので英語のみ調べてみました!

 

【役立つ英会話表現】「ハーフ」の正しい言い方は?|"英会話"×"IT"×"旅"×"ビジネス"スキルを獲得し、国内国外をフィールドに駆け巡る21世紀型ライフスタイル構築ブログ

 

この人のいうことが正しいのであれば、英語でも半分、部分的、混ざってる、と捉えられているようです。

 

100%Japaneseなんてその極みですね。

 

言葉なんて記号記号。

小沢健二さんはアーティストさんで歌詞も書かれており、また海外にお住まいでお子様がハーフということで、言葉について、人種について、深く思うことがあるんだと思います。

わたしもダブルの考え、時間はかかりましたがうまく飲み込めました。

 

小さい頃、わたしは親になんでなんで?と聞いていてよく、りんごがりんごという名前なことには理由がない、という例えを教えられていました。(実際はあるのかもしれないけど)

 

確かにハーフは半分がどこどこの国という語源からきていると思いますが、それも記号的なもの。今はないと聞きますが、昔肌色という名前の色鉛筆があったのも全然悪気なく、ただ子供達が自分やお父さんやお母さんの絵を描く際にどうしても必要な色で、かつわかりやすいネーミングだった、ということ。

 

 

でも言葉は変わっていくので、肌色がなくなったようにハーフという言葉がダブルに変わる日が来るかもしれませんね。

 

おまけ

クレヨンや絵具から、いつの間にか消えていた「肌色」の話 - NAVER まとめ

わたしたち日本人の大部分の肌は本当に薄オレンジ色なんだろうか。

に共感。違うような。。

 

でも別にいいと思うんです。使ってるこどもたちが顔や手にそれらしい色が塗れるなら。