ひとりぐらしの真夜中

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

捨てられない女がスッキリ暮らす為に心がける4つのこと

断捨離やときめき収納やフランス人の持つ服の少なさ、などはわたしたちに不要品を持っていること、トキメカナイものを所持し続けることへの罪悪感を植えに植えつけた、と思う。

 

 

ただ元々mottainaiを美学としてきたDNAが脈々と流れている日本人には、依然としてものを手放せない人が多く、いつか使えるかもしれない!という気持ちを手放すことができず、罪悪感だけが植えつけられた人も多いのではないか?

 

かくいうわたしもそうなのです!はい!

そんな捨てられない女の断捨離術をご紹介。

 

 

 

ちょっとずつ捨てる。

いきなり大量に捨てるのは苦しい、だけどちょっとずつならいける!ことに気がつき、10リットルチャレンジを実施しています。

 

うちは毎週月木が燃えるゴミの日なのですが、月木ごとに燃えるゴミ10リットル満杯で捨てる!という遊びです。

 

要は自分の普段出る量のゴミ袋よりワンサイズ大きいゴミ袋を満杯にする、がミッションです。

 

生ゴミや紙類などもあるので、あとちょっと捨てたら満杯、という状態で比較的ハードルは低く、満杯になったぜ!という達成感も可視化される為続けられてます。

 

 

整理すること、使うこと、を心がける。

無理に捨てようとせず、整理して使いやすくし、何事も勉強と思って使ってみます。

 

先日大量にもらった使ったことないスパイス類をラベリングして使いやすくしました!

ガラムマサラってなんじゃらほい/(^o^)\状態ですがいつも醤油と塩とみりんに頼りきりで、自分じゃ絶対買わないだろうから、勉強も兼ねて使ってみたいと思います!!

 

譲り先の確保。

前まで買っていた雑誌をたまたま先輩が毎月買っているということで毎月譲ってもらってます。

そういう感じで譲り先を確保しておけばスムーズに手放せます。

 

わたしはこれよかったよーーと家族に押し付けます。

共感してくれると楽しい。

 

買いたがりの家族も色んなものをわたしに押し付けてきます。笑

押し付けられたものの方が捨てやすい、というのもあります。笑

 

 

買いすぎない。

買わないではなく、買いすぎない、です。断捨離=捨てるというイメージが根付いてる感じがありますが、そもそも買いすぎないようにすることは捨てられない人にとっては効きます。

 

わたしは化粧品やスキンケアの類が大好きなのですが、最近大きいサイズではなく、小さいサイズを買うようにしています。

その方が色々試せて楽しいし、化粧品は好きだからか買うのも楽しい。

何回も買う為に、買いすぎない。

 

逆に食器用洗剤などは特に色々試したいという思いもなく、ずっとフロッシュの大容量のを買い続けます。

一人暮らしには大きすぎるサイズですが、どうせ同じものをまた買うんだろうし、何回買っても別に楽しくもない、寧ろ面倒なので、買いすぎない。

 

あと使うのがもったいないと思う高価なものも買いすぎない。使わないまま古くなるのが1番もったいない!

 

 

この4つの柱で捨てられないなりにスッキリした暮らしを目指しています。

 

とはいってもすぐ散らかってしまうのですが/(^o^)\アチャー

 

わたしは捨てられないというのは悪いことじゃないと思います。

 

ものを大事にする心!!

 

ゆっくりがんばりたいなー!