ひとりぐらしの真夜中

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

いざ、自分の為に身銭を切よ。

先日、主にシルバーのアクセサリーを売ってる妹が家にきた。

 

うちの合鍵を渡すとそのブランドのアクセサリーに合鍵をつけて、これいくらだと思う?と言われた。

30000円?と聞くと、もう少し頑張って!と言われたので90000円?と聞くと、25万円、と。笑

 

こんなものが25万円もするの?!と価値の全くわからないわたしからすると驚きしかなかったのですが、でもこれつけててかっこいいってお客さんに言われて、何本もこれ売って、その売り上げがボーナスに反映されてるからただみたいなもんやと思ってる。

 

と言った。

 

 

先行投資の重要性

うちの妹は売上が全国1位で表彰されたこともあるほどがつがつ売ってくる。

 

元々そのブランドが好きなわけではないのに、社販で少し安く買えてるとはいえ、100万以上は自社製品を買ってると言う。

 

妹ばか炸裂で申し訳ないけど、妹のかける金額の半分程度しか製品を買わずに(自分の身銭を削らずに)そんなような意気込みでうちの妹に勝つのは人柄、販売力、個人の魅力などもあり不可能だと思う。

 

同じ職場に妹がいなくて本当によかった!!!笑

 

100万かけたメリットをわたしが分析するなら、高額商品を売ることに躊躇がないというか、高額のレベルが高くなっている。

 

別の話でデニムが欲しいという話をしたときに、50000円のデニムは買う必要がない、それはわたし50000円のデニム履いてる!という見栄しかない。20000円ので十分やと言われた。

そっか20000円でいいんや!とわたしは一瞬思ってしまったのだ。

 

思ってしまったけどよくよく考えたらわたしからすると20000円のデニムは高い。

でも20000円のデニムでいいんだ!と一瞬思わせる力が彼女にはある。

店で言われてたら買ってたような気がする。

 

そう言いながら彼女が忘れないのはわたしは50000円のデニムも持ってるけど2000円のユニクロのやつを同じく重宝してる、と言う。

でも一生履けるのは20000円と。

20000円で一生履けるなら安い。

そしてデニムだけで20本持ってるからもうデニム欲しいとは思わない。と。

 

2000円のデニムも20000円のデニムも履きましょうよ、という提案でかつ20000円のデニムを安いと思わせる提案なのだ。

あーやっぱりそこで売ってたら確実に買ってる。笑

 

だから多分デニムやさんに転職しても成果を出すだろうし、どうやったら成果を出せるのかを若いうちにお金をつぎ込んでわかっているので、これからもずっと生きてくる経験だと思った。

 

これを是非自分にもあてはめてみたい。

お金はかけたら確実に成長が早まることを感じる。

 

シルバーアクセサリーという武器

すごくかぶるわけではないが、矢沢あい先生のNANAに出てくるナナ(ハチじゃない方)とうちの妹はかぶる部分がある。

 

ナナがもし、ひらひらのワンピースとか、甘い女の子らしいハチが着てるようなデザインの服を着ていたとしたら、あの強さは湧いてきただろうか、と思う。

 

妹はシルバーアクセサリーのコレクションが増えるにつれ強くなり、仕事への哲学が強まってきているような気がする。

 

男の人がごついシルバーアクセサリーをつけたいとか中学生が茶髪にしたいとかそういうものも強さへの憧れで、それを繰り返していくうちに本当に強くなっていってるのではないか。

 

わたしもシルバーのアクセサリーをひとつ妹にもらったが、そう思ってつけるとなんとなくパワーが湧いてくるような気がする。

 

ジェンダーレスという魅力

 男性向けのデザインを女性がつける、とかその逆とかこう雑誌から飛び出してきたようなまんま型にはまったような感じではなく、むしろその逆を取り入れていくというのはなんか面白みがあるなーと思う。

 

ちょっと前にジェンダーレス男子、ジェンダーレス女子というのが流行ったけど、中性的な魅力というのは世の中からも求められていると思う。

 

わたしもなでしこジャパンとか男子フィギュアスケートとか、どちらかといえばサッカーは男のスポーツだし、フィギュアも女子らしい要素の強い競技だがそれを女子が、男子がやるのが結構好きだ。

 

あとボーダーレスも好きで、日本人なんだけどどこか外国の文化を強く受けてるとか、そういうのに魅力を感じる。

 

多様な考え方を持ってそうだし、どちらかと言えば少数派になるので他人にも寛容な人が多い。

 

あと単純に何故それを選んだのか興味深いというのもある。

 

もし女の子らしいファッションなのにごついシルバーアクセサリーをつけてる人がいたら是非友達になりたい。

 

もう一つ、年相応でないというのも好きな考え方だ。

わたしは今着ている服は実はおばあさんっぽいんじゃないか、と思うことがあり、おばあさんになるまで着ていたら面白いなーなんて思ったりする。

 

女とはこうで、日本人とはこうで、アラサーはこうでなければなりません!というものからなんか抜け出したい願望が自分はあるんだろうなーってことで話をしめます。

 

久しぶりの連絡から見える自分。

f:id:monr:20170612003536j:image

 

思いだしたかのようにつけるアイキャッチ画像。

 

さて今日友達から1ヶ月ぶりに連絡がきて。

 

目標だった自分のCDを出すということでこの場を借りて改めておめでとう(^^)

 

さて、ちょっと間のあいた連絡というのは面白いもので、過去自分がその友達に送ったことから今とのタイムラグで自分の心境の変化が垣間見える。

 

日々同じように過ごしているつもりでも、心境は刻一刻と自分でも気がつかないうちに変わっている。

 

自分は今という時間軸で、今どう感じてるかというところからしか見えてないけれど、久しぶりに連絡する友達から見る自分は過去の心境の自分だ。

 

その友達から、(わたしの)仕事がうまくいってててよかった、という返事があった。

 

それを見て、ちょっと前のわたしも仕事がうまくいってたし、今のわたしも仕事がうまくいってるのでよかったなーと思った。

また今は仕事がうまくいってる、と返事した。

 

そして思う。

次また1ヶ月後に返事が来たときに、わたしは仕事がうまくいってる、と思っているのだろうか?と。

 

お世話になったベテランの先輩が今月で会社を辞める。

ある別の事業所はたまたま何かの事情が重なり、全員が一斉に会社を辞めるらしい。

 

生き残りを賭けたゲームみたく感じられ、正直転勤が怖くなっていた。

 

最近過去1年の自分のtwitterでのつぶやきを見返してて、ぼやかして書いてるものの明らかにめちゃくちゃ仕事の人間関係に悩んでて驚いた。

 

5年目にもなって何でもすみませんで済ませてはいけない、という過去のtweetに6年目になった今も何でもすみませんで済ませている自分に気がつきうわってなった。

 

生き残っていかないといけない、それもうまくいってると思いながら。

 

まじで嫌になったら辞める。

だけど、嫌と感じないような工夫をしていかないといけない。

うちの事業所に去年転勤した人にこの人どの事業所でも生き残っていくだろうなと思う人がいて、なんというか飴と鞭戦法(と勝手に呼んでる)がすごい。その人の処世術(と勝手に分析してる)についてもまた書いてみたい。わたしは飴ばかり撒いてる。

 

多分それがわたしの次のステージへの階段だなーと思った。

3年後ぐらいにはミニマリストになってる予定です。

レッグマジックという足を鍛える筋トレマシーンの上に洗濯済みの冬服(主にニット)を山積みにしていた。

 

そろそろ夏もさしかかってきたので、今日は意を決してそれをバンカーズボックスにしまった。

 

うちにはバンカーズボックスの703、A4サイズが9つあって、ほとんどの箱に不要なものが押し込められているのでそれもなんとかしないとなーと思いながら、何年も押し込めている。

 

9つのうち、2つを1つの箱に押し込めることに成功し、空になった1つに冬服を畳んで入れた。

 

そういうことを何回もしてるだけのような気がする。

 

理想的にはこの9つ全てに不要でないものを押し込めたい。

 

そしてレッグマジックが使える状態になったので、筋トレもしたい。

 

 

そのあとミルクティーを作った。

結婚式の引き出物でいただいたハーブティーで、お湯を注いで食事中に飲んでみた。

スパイスがあまりにも強烈で、いかにビールや麦茶が食事に合う飲み物なのか思い知らされる結末。

 

人からもらったものにそんなこと言うなよ、と相方に言われた(喧嘩もしまくってますが、仲直りいたしました。その説はお騒がせいたしました。親身になって心配してくれて本当にありがとう。仕事、うまくいってたらいいな。)ので飲ませたら、言った矢先おえっと言ったのをわたしは忘れない。

 

(きっとそういうすれ違いですれ違っちゃうんだろうな。でも試してもらえれば理解しあえることも。)

 

ミルクティーにしたら、チャイっぽい感じだし、砂糖を入れなくても甘くて美味しかった。

 

紅茶5種類、麦茶1種類、緑茶1種類とお茶類もまぁまぁ集まってきたので、飲み切りたい。

 

とか言いながらコンビニで2リットルの水を買うのもやめられないけど。

 

ミニマリストへの道は結構険しめです。

未来は誰にもわからないんだから自分の都合で地球滅亡をちょっと願ってみるくらい間違いではないと思いたい。

最近会社の人と話してて、地球が滅亡したらいい(詳しい内容は割愛。大きい声では言えないことばかり)、とか長生きするとは思ってない、とか長生きしたいとも思わないという話になって。

 

わたし以外の3人がそう言ったり、わかります〜〜って言ってて。

 

わたしには全く理解できなかった。

できたら地球は滅亡してほしくないし、できたら長生きしたいとしか思ったことのないわたしには、全く。

 

わたしはこういう自分とは違う価値観に出逢ったとき一旦自分でも同じように考えてみることにしている。

 

そうして気がついた。

 

確かに地球滅亡してほしい、と。

 

老後の不安的なもの。

今まで長生きしたいとは思いながら、未来に対して不安があった。

このまま結婚しなかったら一生ひとりなんじゃないか。

このままこの生活を一生繰り返していくのか。

子供もいなくて、介護が必要になったらどうしよう。

たまに未来に対してなんのネガティヴなことも考えない人も見るけど、だいたいの人が何かしらの不安を思いつくことがあると思う。

 

その不安を一瞬で吹き飛ばしてくれるのが急な地球滅亡、なんじゃないか。

 

地球が滅亡してほしいというと不謹慎に思う人もいると思うし、わたしも最初はそう感じた。

 

だけどその本意は本当に地球が滅亡してほしいとかほしくないとかではなくて、単によくわからない自分の未来、不安を感じる将来がなければいい、そのことを今はとりあえず考えたくない、ただそれだけのことだと思う。

 

宇多田ヒカルさんの曲で

痛めつけなくても

この身はいつか滅びるものだから

甘えてなんぼ

という歌詞がある。

 

それを聞いたとき心がすっと楽になったことを今でも覚えているけど、地球滅亡にはそれに通ずる楽さを感じた。

 

色々なことを考えたり、悩んだりするけど、それは未来があるから悩むことばかり、もし近い将来必ず地球が滅亡するんだとしたら、少なくともそのことでは悩まない。

 

結婚できなかったらどうしようとか、子供がとか老後とか介護とか。

 

 

とりあえず今は楽しくやってるし、精一杯やってる、地球滅亡してほしいっていってる先輩も後悔したくないから、なんてことも言ってたし、別の先輩は子供が20歳になるのを見届けて死にたいなんて言ってたけど、35年ローンを返すまで仕事は辞められないってあれあれ0歳児でも35歳にはなってもーてるで(とは言わないでおきましたけど。)

 

先のことはわからない。

本当に地球は滅亡してるかもしれないし、してないかもしれない。

長生きしてるかもしれないし、病気にあったり、不慮の事故に巻き込まれてるかも。

 

先のことはわからない。

だから不安だ。

地球の滅亡とは先のことを不安に思って生きるのではなく、今この瞬間を生きることを大切にしたい人にとって単純に都合のいいものだと思った。

気持ち悪いほどのいい人。

先日会社の人何人かで飲みに行ったときのこと、ある営業さんにいい人すぎて気持ち悪い、と言われた。

 

褒められてるのかけなされてるのかよくわからないけど、いい人すぎるの部分より、自分の気持ち悪さに誰か気づいてくれたことをありがたいなと思った。

 

いい人すぎて気持ち悪い。

人はいいところも悪いところもあって信頼できる。

わたしには悪いところが何も見当たらないし、何故結婚できないのかもわからない。

何かで必ずバランスを取ってるはずだけど、それがなんなのかわからない。

だから整合性がとれないし、全くわたしのことは信用できない、と。

 

すごく褒められてるのか、めちゃくちゃけなされてるのか、うーんどっちだ?笑

 

まぁともかく客観的に自分のことを言ってくれる人って貴重だなと思ったし、まだまだ会社も入って5年だけど、それなりに長く続けてると、面白い発見を誰かがしてくれたりするね。

 

それも結構意外な人が。

 

本当は結婚など自分の幸せのことをもっと考えるべきだし、しんどいことやめんどくさいことをそんなに引き受ける必要はない、なのにわたしは自分の幸せを求めたり焦ったりするでもなく、めんどくさい仕事やいろんな人が頼んでくることをどんどん引き受けていくし、それには理由がなさすぎる、だから気持ちが悪い、と。

 

的を得てる部分もそうでない部分もありつつ、どちらにせよよく知らない人からはそう見えてたりするんだなーと。

 

いい人ですね、とか優しいですよねって言われてもなんとなくしっくりこなかったけど、気持ちが悪いっていうのはなんか小気味がいいね。

 

ただのいい人、優しい人じゃなくて、気持ち悪いほどいい人だったんだ、わたし笑

 

これ以上の褒め言葉はないものと思い、仕事をがんばろうと思うのです。

 

いい人をやめよう!みたいなのが世の中の標語になってるところがあるけど、いい人はいいことじゃないか!とわたしは返したい。

 

もしいい人辞めたいなって思う人がいるのなら、辞めるのは構わないけど、いい人である自分の方を責めているのだとしたらそんなの間違ってる!とわたしが説教してあげるからきなさい。

味のついたガムを今は食べたくない。

失恋しました。

 

あんまりプライベートなことをブログに書くのはやめようと思っていましたが、ちょっとこの失恋によって感じていることは書いておきたいと思いますので、見てる方もあまりないと思いますが、嫌いな方はlet's戻るです。

 

さて、失恋の苦しさ、というのはなんでしょうか。うんものすごく苦しいですね。体にでてる反応としては、胸が締め付けられる、毎日朝4:00頃何故か目がさめる、涙が勝手に出る、足の裏が熱い、お腹が痛い、ゆるい、みたいな感じです。

自分から別れようと言ったので、自分が望んだ結果になったんだと思いますが、なんでしょうか、この感じは。

 

3ヶ月会ってなかったので、環境はあまり変わってないはずなんですが、大変なものを手放してしまったんだなーと思います。

 

今まで付き合ってる人と別れても1日たったら忘れられるドライな性格だと自分でも思っていたので新しく感じる重たさです。

 

ブルゾンちえみさんが近くにいるなら、ダメウーマンとののしっていただきたいです。

 

35億男性はいるんでしたっけ。

 

今は味のしないガムかもしれないけど、ずっと噛んでいたい、なんて考えてしまいます。

 

ももう味はしないんです。

 

きっといつか、なんでそんなことで悩んでたんだろうと思う日が来るかもしれません。

 

来ないかもしれないなーって本気で思ってしまうんです。

 

今は他の35億に目を向けたいとは思えないです。

きっとわたしの好きな味のガムはない、という思い込みが拒否してるという感じです。

 

 

今まで失恋の苦しみを感じてらっしゃる方を見ても正直実感として全くわからなかったのですがこんな感じだったのかなーと思います。

 

わたしは初めて知りました。

 

自分で決断したのに、すぐにでも逢いたいと思っている矛盾した自分の意味が自分でもよくわからないです。

 

でもだめだめ。

もう無理なんだから。

また何回も同じように傷つけられるだけなんだから。

と自分を言い聞かせます。

 

でも別れても結局傷ついて、なんか普通に京都でのんびり暮らしたいなー。

 

今は耐えるとき、なんでしょうか。

よくわかりませんが、トイレ行って仕事行ってきます。

何故韓国のピザが好きなのか説明することが自分を説明するということ。

昨日フィリピン人の友達とLINEで電話した。

日本語勉強中、英語は問題なく使える友達だ。

 

先日別のフィリピン人(日本語全然だめで英語は問題なく使える)と会っていたときは英語だったけど軽快に話せて、あ、わたし結構英語話せるかも!と思っていた。

 

だけど昨日電話したフィリピン人の友達との会話では全く英語で話すことができず、もどかしい思いをした。

 

その理由について思ったことがあるので、書いてみる。

 

何故?と聞かれると答えるのは難しい。

昨日電話した友達は、頻繁に何故?と聞いてくる。

例えばわたしが韓国に何回も行ったことがある、というと何故何度も韓国に行くのか、と。

 

その時に、音楽が好きで食事が好きで文化が、everything好き、みたいな風に答えたらよかったんだけど、そのときわたしが頭に浮かんだこと。

 

何故わたしは何度も韓国に行くんだろう。

 

 

何故というのはとても深い。

例えばわたしが韓国によく行く話をしたときに韓国にまつわる話でも返してくれたら、おそらくそれには多少返せたと思う。

 

わたしが何故何度も韓国に行くのか、とりあえず日本語でまとめてみたい。

 

 

1番近い外国だから。

これはその友達にも伝えたけど、それでも何故と聞いてきた。

近いだけでは理由にならないらしい。

確かにどんなに近くてもそれだけで何度も行くという理由にするのは難しい。何か別に好きな理由がなければどんなに近くてもいかないだろう。

 

だけど、連続した休みが限られてるわたしにとって近いというのは大きい。

 

その友達は2.3週間仕事の休みがとれるらしい。

もしわたしが2.3週間も休みがとれるなら、他の外国に行ってたかもしれかい。

 

とにかく何でもいいから外国に行きたい、それをまず満たしてくれるのが韓国。

 

ゲストハウスに泊まりたい。

これも何故と聞かれた。笑

とにかく何でもいいから外国のゲストハウスに泊まってそこに泊まってる外国人と話してみたい、という希望がある。

 

何故かといえば、そこで出来た友達と今でも仲良くしていたりするから。

 

何故外国人の友達が欲しいのか、とも聞かれたけど、正直今日本人も含め特に仲良くしてる友達が3人いて、内1人はエクアドル人。

 

外国人と1周回って案外気が合うことがあることをわたしは経験しているので、自分と気が合う人は外国にもいるんじゃないか、と思えてくる。

 

客観的に見た日本人について知ることで自分を知ることができる。

 

韓国のピザがうまいから。

これは友達には話さなかった。

多分話しても何故それが韓国でなければならないのかうまく説明できなかった気がする。

 

例えば日本もテリヤキチキンにマヨネーズみたいなおそらく日本でしか食べることのできない激うま独自ピザがある。

同じように韓国にはかぼちゃあんのピザとかアーモンドスライスやナッツが載ったピザとか韓国独自の激うまピザがあるのだ。

 

コグマラテという芋のラテがあったり、韓国は芋栗南京好きなのかもしれない。

 

韓国料理は日本でも食べれるけど、韓国独自ピザは日本では食べられない、ということを日本人にも話したことがあるけどあまり受け入れられないし、やはり韓国では韓国料理を食べたい友達は多いというかほとんど。

 

なのでこれを英語で他文化の人に説明するのはとても難しい。

日本語でわかってもらうのも難しいかも。

 

だからこそ面白くもあり、わたしはいつか何故自分が韓国でピザを食べたいのかについて英語で説明できるようになりたい、と思うのだ。

 

単にkorean foodが好きというのでは自分の何故を説明するのに不十分なのだ。わたしにとって。

 

その為にわたしはもっと英語を勉強し、韓国にピザを食べに行くのだ、自分の何故を探る為に。うんなんかちょっと違うけど、自分にとってはそうなのだ。