京都・のんびり・ひとり暮らし

"I have a new philosophy" 暮らしの小ネタ集。

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室は料理の苦手な全ての人の苦手を克服する可能性がある、と思った話。

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室、今読んでるけどめちゃくちゃ面白い。こんな料理教室あるなら通いたい。

 

料理が地獄的にできない、料理に対してトラウマを持ってる10名に料理を教えていくという話。「8歳のときに指をざっくり切ってしまったことがあって。だから刃物がとても怖いんです。」「野菜を刻んでいる姿をからかう夫に見られないように、冷凍の野菜とプリカットされた野菜を購入していた。」めっちゃわかる。

 

わたしはカレーを温めるのも(作るじゃなく、温めるのみ)丸焦げにし、鍋ごと駄目にしたり、マクドハンバーガーを外の包装ごとトースターにいれて紙を燃やしてみたり、思ってる以上にいれて、といわれたので思い切りマヨネーズをかけてポテトサラダを台無しにしたりした。

 

失敗には2種類ある。

失敗したことに対して次はこうしよう!と思い、次に生かそうとできること。もう二度とやりたくない、と思うこと。わたしやこの本の生徒は後者だったのかも。

 

ひとつ思い出したのが、わたしは餃子が得意料理だ。焦げるとか燃えるとかマヨネーズの分量とか、考えたらわかるでしょ?っていう考えたら系は苦手だけど、餃子をひたすら包みまくるというような単調作業黙々系は得意な気がする。大根をひたすらおろすのもわたしの役目だった。

 

料理に関わらず、計算をやり続けるとか、ただただ英単語を覚えるとか、バドミントンの打ち合いをし続けるとか、ソリティアをやり続けるとか、そういうことは割と苦なくやれる。これだけでもそこそこの成果は出せる。(そこそこ成果を出せてきたからこそ、苦なく続けられたともいえる。)

 

単調作業黙々を越えて考えないといけないものっていうのはどうしたらいいのかがわからないときが多い。だから黙々とやり続けることでそこそこの成果を出せても、その先にいけないといった感じ。こうしたらどうなるというイメージする力が少ない。

 

あとひとつ、何とかしたいと思うことに出逢ったときに産むかもわからない自分の子供にもし伝えていくとしたら何歳のときにどうすべきなのかということを考える。

 

それは子供が大人になったとき(わたしのように)困らないように、とか子供に期待して、というよりはこんな風に伝えたら上手くいくような気がするけど実際そうか試してみたい、という自分の好奇心だったりする。

 

この本の料理教室の先生は、冷凍食品や加工品などを買いまくる人にどうしたら料理をしようと思ってもらえるのかを考えるところからはじめる。(実際にスーパーで話しかけるところから物語は始まる。)それに似てる。


料理教室で親子丼を習いにいったんだけど(わたし自身の話)、それを人にいうと何故そんなものをわざわざ習いにいくのか、とかクックパッドを見ればいい、とか言われる。それへの返事はなんかうまく伝えられないけど、「何とかしたい」んだよね。

 

駄目な生徒がいるんじゃない、駄目な先生がいるだけ。

 

やってるうちに出来るようになる、という人が先生なのはどんな分野でも不幸でしかない。自分が出来るもんだから他人がどうして出来ないのかわからない、わかろうとしないし、また自分がそれが出来るメカニズムを考えず、やってるうちに自然と出来るようになったと思い込んでいるのだ。(実際には良い先生から理論を学んでいたり、センスで自ら理論を習得してる)

 

この物語ではまずどんな包丁を買うべきか、包丁はどう握るのか、ひたすらズッキーニを切って千切りと角切りを覚えるという順序で教える。本当に1から教えているのだけど、この1がなんなのかということを考えるのはとてもとても難しいことだ。


わたしが親子丼を習ったクラスではこの1は教えない。親子丼の作り方を学ぶというよりは、みんなで親子丼を作るという方が正しい気がする。

 

いい先生にあたるためにはたくさんの先生にあたるのがいいかも。本はそのひとつになりうると思ったし、いつかそれを伝えていきたいと思った。

ものでひとと繋ぐ、メルカリを楽しく続けるコツ。

断捨離、やるやるといいながらもそんなに進んでいません。

やれてないことに目を向けても仕方ないので、出来たことに注目してみると、数えたらメルカリで本が16冊売れてました。


本はメルカリと相性がいい。

メルカリとは今流行りも少し落ち着いてきたフリマアプリのことです。

ヤフオクのようなオークション形式ではなく、金額をあらかじめ決めて出品するネット上のフリマです。

作家や著書のタイトルで検索が引っかかり、欲しい人に見てもらいやすいので、結構売れます。


メルカリの最安値は300円。
要らないから誰か読む人もらってくださいという気持ちもあり、1冊300円で出しています。

送料が180円かかり、メルカリに手数料が商品価格の10%かかるので、結局手元に残るのは90円。

たかだか90円の為に、めんどくさいことをしてるなーと自分でも思います。笑

 

でも結構楽しくやってます。

メルカリがめんどくさくならないコツについて書いてみます。

 

お金よりも徹底して楽を取る。


まず、本は楽に出品できます。
服などと違いサイズを測ることがないし、写真をとる、タイトルと著者名を書く、注意事項はコピペではりつける。

これだけで簡単に出品できます。
値段も300円と決めてるので、本当にさくさくと。


続いてめんどくさいのが発送。
わたしはスマートレターからくらくメルカリ便を使ってます。
スマートレターは1枚180円。郵便局でまとめ買いして(コンビニでも売ってるところはあるみたいです。)自分の名前と住所を宛名ラベルで貼り付けし、ストックしています。

相手の名前と住所を書けばすぐ発送できる状態にしています。

スマートレターのいいところは、封筒を別で買わなくていい上にしっかりしてることと、本を送るのにはちょうどいい大きさなところと、ポストに投函で済むところです。

駄目なところはサイズが小さいので入らないことがあること、追跡や保障がないので届くか心配なところです。(一応今まで届かなかったことはないですが、貴重なものや高価なものには使わない方がいいかも。)

なのでスマートレターに入らない場合、らくらくメルカリ便を使います。

 

らくらくメルカリ便のネコポスは1回195円。
厚さ2.5cm、角型A4サイズとスマートレターよりサイズが大きいです。

ネコポスのいいところは、ファミマで発送できること。宛名はファミマに置いてある機械で印字された紙を貼るので書かなくていいし、この印字をプリントするのも驚くほど簡単で楽なこと。配達状況を確認できること。

 

駄目なところは封筒を買わないといけないこと。あとこれは個人的に、ファミマとポストならポストの方が近いこと。

 

とにかくすぐ発送する。これは自分の為にも。

じつはこの記事を書いてる間にも1冊お嫁入りが決定し、決定した10分後にはファミマで発送しました。

わたしは可能ならすぐに発送します。

買って10分で発送すると、たいがいの良心的な落札者の方はびっくりします。笑

先ほどの方も対応の早さにびっくりしてます、と。笑

そして驚くほど丁寧に対応します。

すると相手の反応もよく、こちらも嬉しくなるので、自分の為にそうします。

気になってた本なので嬉しいです、というコメントや2冊買ってくだったりだとか結構嬉しいです。

 

ほとんどお金にはなってないのですが、そこまで手間もかけてない、ちょっと断捨離になっててちょっと楽しい、ずっと残ったらそのときは捨てよう、今後も本は買い続けると思うので、読み終わっていらなくなったらメルカリでさくっと欲しい人のもとに、繋いでいきたいです。

最新家電アレルギーを克服する為の考え方。

f:id:monr:20170409010142j:image

家電の買い替え時は壊れたとき?

ネット見たり、DVD見たりがメインの人のパソコンの買い替えどきっていつなんだろう。カイタイトキガカイカエドキーなんだろうか。ちなみに使ってるのはWindows7VAIOで快適ではないけど使えている状態。

 

電気屋さんに見にいった結果、買うとしたらNECかな、と思った。理由は小さい、軽い、驚くほど、軽い。値段も安いものもあり、パソコンといえば老若男女の定番がNECとのことで説明を受ける。逆にそれ以外のことはあんまりわからず店員さんの話はほとんど理解できなかったけど、NECを勧められてることはよくわかった。

 

MacBookの12インチも検討したけど、Windowsに慣れてるからだろうか、キーボードが押しにくい。もうちょっと浮き上がっててほしいというか押した感がほしい。あと欧米サイズなのかボタンが大きい気がする。指短いので押しにくい。それで思い出したけど、ピアノもあれ欧米サイズだ。オクターブ届かなかった。

 

最先端アレルギー、発動。

わたしは家電も含め最新のものアレルギーがある。どちらかといえばアナログであったり、旧式や型落ちの方が落ち着くし好きだ。(安いし)

使ったこともない電子書籍を紙の方がいいに決まってると拒否し、見たこともないApple Watchをそんなものはわたしには不要、と決めつけている。
(こう文字にすると、お年寄りみたいだ。)

 

スマホやイコカも持ってないのはほとんどわたしだけとなり、みんなに迷惑がかかるので、(LINEがないのでわたしだけメール対応、切符買うのに待たせるなど)必要に迫られてからやっとこさ導入した。使ってみはじめたら手放せなくなる。(だから案外Apple Watchとかも持ってみたら手放せなくなるのかも。)

 

最新家電拒否の理由と対策

その心は現状維持していたい、失敗したくない、新しいものはよくわからないという強い思い込み、実際に使いこなせなかったものに対するトラウマなどがあげられる。

 

そういえば学校では昔のことは教えてくれたけど新しいことは教えてくれなかった。
新しいことや現状自分が知らないことはその都度自分で勉強していって自分のものにしていかないといけない。
勉強っていうほどオーバーなものではないけど。
(学校の日本史とか世界史とか化学とかでもいいんだけど、教科書の結びが続きはあなたが勉強してね、だと素敵だね、そうでもない?笑)

 

Windows95のときから電気屋さんで勤めてるという店員さんの話は何を言ってるのかほとんどわからず、この人の勧めるそれを買っても根本的な解決にはならないんだろうなーと思って、詳しく話してくれた店員さんには大変申し訳ないけど、パソコンは買わずPC雑誌を買って帰宅した。

 

とりあえず苦手意識を持ってないで勉強しよう。そうしたら買わなくても今のパソコンでなんとかなるかもしれないし、最新機種の有り難みもわかるかもしれない。

 

ハードディスクとかクラウドとか、言葉聞いただけで耳塞いでたけど、案外簡単なことなような気が実はしてるし。

 

最後に余談。いつもなら1番大きい電気屋さんに行くし、1番大きい電気屋さんで買う。

なんとなく安いイメージがあるし、安心できるイメージ。

でも今回2番手、3番手と思われる電気屋さんで説明を聞いてみて思った、1番大きい電気屋さんだとその電気屋の店員さんではなく、メーカーの社員が自社製品を勧めてくることがあること、ネット回線だったり、関係ないものを勧めてきたり、その人の会社の製品以外買えない雰囲気だったりする。

お客さんが多かったり、売り場が広かったりで店員さんの手が回らないこともしばしば。

 

その点、今回いった電気屋さんはパソコンを見てるのがわたしだけ、店員さんもひとりだけ。

でもそのひとりだけの店員さんが少ない客を確実にしとめてくるだけの知識が半端なく、大変勉強になった。

 

買うものが決まってる場合は1番手の方がいいかもしれないけど、何を買うのか迷っていて話を聞きたい場合は2番手3番手の方がいいのかもしれない、と思った。

もちろんお店によるとは思うけど。

 

(パソコン買うときは必ず買いにいきます故なにとぞお許し!!)

占ってもらって考えたことをまとめました。

セラピーをやってるアヤミさんとお話をさせていただきましたー!

 

お逢いするのは3回目。

セラピーに1回とイベントに1回と。

 

セラピー1回目のときもすごく考えさせられましたが、今回もものすごく考えさせられたので、忘れないうちにまとめておきたいと思います。

(時間がたって記憶が薄れてきても覚えていたことだけでも十分なのかもとも思うけど。)

 

占いとの向き合い方。

まず友達が見てもらってるのを横でふんふんって聞きながら、占いが敬遠されがちでもある理由について考えてたんだけど、自分で考えるのを辞めて根拠がないと思われる話に翻弄されてしまう、させてしまうことに対する批判、なのかなーと思った。

 

占いって絶対そうなるものではなく、何かもっと普遍的なものって感じがわたしはしている。

 

 ピカソの言葉に

わたしは対象を見えるようにではなく、わたしが思うように描くのだ。

 

というものがあります。

確かにピカソの絵(シュールレアリズム期の目や鼻の位置などが普通ではない作品)は絶対にそんな風に見えてない。実際にいたらおかしいし。

 

でも、そんな風には見えてないだろう!とピカソを批判するのは全くナンセンス。

 

泣く女、とかすごく悲しく見える。

本当に泣いてる人より、ずっと。

 

正直スピリチュアルとか魔法とか非科学的なことを信じられるほどピュアではないけれど、違った角度で見たらそうなのかもなーと思っています。

 

なんなら、別に能力がなくても全くわたしのことを知らない第三者がわたしの見た目だけで客観的にわたしについて思ったことを言ってくれる、それだけでも価値があるな、とわたしは思っています。

 

洗脳されてるんじゃなくて、されるの選んでるんだ。

 

清水富美加さんの言葉。

ちょっとわたしまでもらい事故しそうだけど、占いも当たってるしじゃあわたしのこれからはハッピーだね。ではなくて、そう思い込んで、そうなるようにその考えを選ぶってことだと思う。そうなってきたらそれは占いで言われたからそうしてるんじゃなくて、自分の考えでそれをしてる、選んでると言えると思う。

だから占い師にそう言われたから、という一言をとっぱらって自分の言葉にしていけばいいんだと思う。

 

 コールドリーディングされないように気をつけてる。

 

占い師が相手の望む回答をいいたくなる、というのを避ける為に、(占い師にも当たってると思われたい、という承認欲求がありそうなので、それを探ったようなことを言われたくない)わたしは基本無表情で接します。

 

占い師が話しているのを遮って自分が話し出すと占い師の人に自分は何に興味がある人なのかの手がかりを伝えてしまうことになります。

 

そしてそれはそのまま占い師が本当にいいたかったことを遮ることになり兼ねないし、勿体無いかなーと思います。

 

そして、占いを当たってないと感じるのは、自分の現状や望む回答と離れていると思うから、とも言えます。

 

それが全面的に顔に出てしまうと、占い師は違う言葉を選んで修復作業に取り掛かると思うんです。

 

当たってると感じてもらうまで言葉を選びつづけて当たってると感じたものってもはや占い師の言葉ではない気がします。

 

大きなくくりで考えたら、占い師の言うことは全部当たってると思うこともできるし、全部当たってないと考えることもできると思います。

 

当たってない、と感じるのは普遍的なことを自分に当てはめられない、視野が狭いとも言える気がします。

 

わたしは常に当たってるという前提で自分に当てはめていきます。

 

占い師の揚げ足を取りに占いに行くわけではないですからね。

 

友人がある占い師のもとにいって、質問攻めされてまるで恋愛相談みたいだった、というのを聞いたことがありますが、それだけは避けたいかな、と思います。

 

 

さてさて長くなりましたが、わたしは上記のようなスタンスで向き合ってきたのでそれを踏まえ、言われたことをまとめたいと思います。

 

 

わたしには二面性がある

名前と誕生日を書いて、まずこれを言われました。

2枚のカードを用意してくれていて、わたしにはこっちの顔(仮面の顔)とそっちの顔(本当の顔)がある。

こっちの顔の方を完全に消すことはできないと思うけど、薄くしていかないとチャンスを逃します。みんなあなたをこっちだと思うから。

 

めちゃくちゃ思い当たる節があります。

 

  • 本当は仕事をがんばりたいのに、早く帰りたいですよねーと合わせて言ってしまう。
  • 本当はやりたいことがあるのに、なかなか言い出せないことがある。
  • 本当はそんな風に思ってないのに、話がねじ曲がっていき、全く違う風に思われてしまう。
  • ネットでの自分とリアルの自分との差に悩む。
  • 人の意見に合わせがち。本当は思ってない。

 

などなど!

特にネットでの自分とリアルの自分の差は埋めていくことが課題になりました。

 

人と比べる、SNSなどで切り取られた輝かしい部分に劣等感を感じる。

 

これは全く当てはまらないわけではないけど、すごく当てはまるわけでもないかなーと思いました。

 

その友達が何を食べたかとかどこに旅行行ったとか子供がどんなことをして遊んでるか、とかそれ自体よりも、その人がそれをしてどう思ったか、ということには興味がありますし、積極的に見たいです。

 

とはいえSNSは好きにやればいいと思うし、ただ各々の近況報告かなと思えるだけわたしはまだ心に余裕があります。笑

 

 

まずやるべきは断捨離。

もうすぐ30歳(怖っ)になるわたしは節目に向けて色々やろうとしますが、まずは不要なものを手放す、写真のメモリーを整理する。

するとその空いたスペースに新しいものが入ってくる。誕生日から3.4ヶ月は自分の誕生日月間と思っていい。

その間にギフトを受け取れる。

 

痺れた。

ギフトかー。

言葉選びがいいね。 

 

わかっちゃいるけど、なかなかできない、そのひとつが断捨離なわたし。

 

理由は簡単でスペースの無駄というけど、スペースが空いたからってどうなるわけでもないし、いつか使うかも、まだ使えるし捨てるのは勿体無い、など断捨離のデメリットばかりを感じてしまうからなんです。

 

写真のメモリーは整理するのがめんどくさい、整理しなければならないほどかさもとってない、一度消したらもう戻ってこない、などのデメリットで言い訳し、なかなかできていません。

 

他人から言われるようになってできるなら初めからやってはいるんだろうけど、確かにわたしは空きができたところに新しいものが入ってくる、ということを体験したことがないと気づく。なのでギフトを受け取りたい一心で頑張りたい。(不純。)

 

 

33歳頃芽生える独立志向

33歳で今の仕事をしているが4、独立しているが6。

分野はファッションや衣食住の衣に関すること、美や洗練されたものがいい、畑違いのことはしないほうがいいし選ばないと思う、堅実な道を選ぶので困ることはないし、スポンサーがつくかも、興味あることのバイトなどしたほうがいい、とのこと。

 

「ほんまかいな。(心の声)」

 

こういう言葉を盲信し、人生を狂わせる人に対する批判もありますね、占いは。

ももしわたしにチャンスがあればそうするかもしれないし、なんせ当たっているのが堅実なところとこのまま会社員を続けていくことに疑問を感じなくもないところ。今の仕事も好きだけど、別のことをしてみるのも悪くはないと思っているし、ものすごく危ないチャレンジは良くも悪くもできない性格なので確かに将来こうなってたらいいなと思う自分ではある。

 

先ほどでてきた人と比較することについてプラスに働くのが真似すること、自分の人生をコントロールする力があること、独立して得られるのは安定と自由、50歳ぐらいまで続けられことを考えること、と続く。

 

まぁこれに関しては現実にするかどうかは全て自分の具体的な行動次第で占いのせいにはできないこと。逆に言えば望まないならそうしないこともできることと思うので、あくまで自分軸で堅実に考えていきたいし、占い師としてではなく独立した人の意見として捉えるのも面白い。

 

彼はあなたが思っている以上に綿密な計画をたてている

最後にちょろっとだけ恋愛についても。

ここで思うのが、占い=恋愛といっても言い過ぎてないのに

わたしがさほど恋愛について話すことがない、興味がないという判断をされていること

面白い。笑

 

ちょっとひねくれてるけど恋愛については、少なくとも現状うまくいってるのかそうでないのかぐらいは情報がないと回答が難しいデリケートな問題かもしれない、と思った。

 

後で友達に言われて気がついたけどわたし自身が自分が思っている以上に今後の人生について綿密な計画をたててしまっている(それが相手を苦しめている、と解釈)といわれたのかと勘違いする始末。

 

 

そう勘違いしていたこともあり、わたしは最後に質問しようと思っていたことを質問することをやめた。

 

全てにおいてこれ以上聞きたいことはないぐらい十分だったし、これ以上いろいろ教えてくれても私の器量ではやれないな、とも思った。

 

その質問は

30年後の自分はどんな感じか

自分のこどもはどんな感じか

それをわたしのことを何も知らないのによくわかっている不思議な存在のアヤミさんにぜひ聞いてみたかった。

 

 

でも勘違いにより自分が綿密な計画をたててしまっていることを絶賛反省中だったわたしは、30年後のことよりも今やるべきこと、自分の中の二面性を薄くしていくこと、断捨離してギフトをもらうこと、仕事を通した生き方を考えること、その先に30年後があるんだと判断した。

 

こどもについても言われないということは特にいてもいなくても問題がないからだ、と考えることにした。


ところがどっこい終始何も言わないわたしにしびれをきらした友達が質問を促してくれた。


そこで最後にわたしのこどもについて、わたしのことを何も知らないアヤミさんはどう感じますか?とだけ質問した。

 

産みます。

 

まずそう言った。なんと心強い言葉だろうか。


スピリチュアルとか魔法とか非科学的なことを信じられるほどピュアではないと思っていた自分の中に確かに心強くそれは響き、それが本当なのかどうかはさておいてもそう言って欲しかった自分を思い知らされる。

 

 

正直そのあと言われたことはあまり覚えていない。

 

わたし、頑張れる!と思えたセラピーでした。
占い師の言葉ではなく、私の言葉にしていきたいと思います。

 

そういえば1回目のセラピーのときSNSをやった方がいい、始めないと夏休みの宿題が残るように重たい気持ちが残っていくと言われたこと、このブログを通してやっとわたしの言葉にできたのかもしれない。

 

アヤミさん、紹介してくれた友達も、背中を押してくれてありがとうございました!

お弁当を作り続ける為の考え方。

お弁当作りにおいて大切なこと。

 

それはうまくつくろうとすることではなく、うまくうめようとすることだ、と思った。

 

f:id:monr:20170317011416j:image

 

卵焼き、冷凍のシューマイ(チンのみ)、鯖の缶詰(缶あけるのみ)、ウインナー(油で焼くのみ)、そのときあった野菜の野菜炒めやおひたしかサラダ(切っただけ、炒めただけ、茹でただけ、ほとんどの場合一種類の野菜)、がデフォになりつつあるわたしのお弁当。

料理してると言えるものはひとつもない。

ただお弁当箱をうめることに集中している。

空きがあればシューマイをチン!なければ明日まで寝ておれ!

 

冷凍食品のシューマイをやめて自作してみよう!とかウインナーをただ焼くのを辞めてハンバーグを作り置きしよう!と考えるのはその後だって気がついた。

 

全てはお弁当箱をうめるために。

 

そう思い始めてからお弁当作りがつづいている。

 

初めてとりかかるものは、あれもこれもと欲張ってはいけないと気がついた。

 

例えばお弁当だったら、料理の上達と節約と健康とって考えるから結局全てが破綻しちゃう。(=つくらなくなる)

 

お弁当の本などに載ってる完璧すぎるお弁当を見ると勝手に挫折感を味わってしまう。

 

何でもいいからまずつめること、それがお弁当のはじまり。つめるだけならわたしでもできた!

 

そしてこのメニューは秀逸だと思う。

肉、野菜、魚、卵、が入ってる。

鯖缶にはオメガ3が大量に含まれているので是非摂取したいし、卵とシューマイと野菜のカラーで茶色弁当感も払拭できる。

卵焼きは誰かにやり方をしっかり教わって毎日作れば確実に上達する。

 

あとは作れるときにお惣菜を作っておいて、うめるものを変えていけばいい。

 

今後はこのメニューを軸にメンツを入れ替えていきたいな!

誰でも超簡単にiphoneでいい感じの写真を撮る方法。

f:id:monr:20170313223853j:image

 

それほど写真センスがあるわけでもない紋郎が書くこの記事。

 

専門家でもなんでもないので、誰でも簡単に、そしてわたしがいつもやってる方法をお伝えします!

 

(ちなみにカメラはiphoneです。)

 

写真を撮る上で最も大切なこと

(とわたしが思っていること)

 

それは父からの教え。

写真の中から要らないものを全て取り除くこと。

 

これを意識するだけでも、随分写真の全体が美しくなります。

 

例えば、自動販売機は映らないようにする、とか。

 

おしぼりのゴミは取り除く、とか。

 

写真を撮る対象物だけでなく、その周りも気にかけています。

 

 

地面は水平になるように撮る。もしくは補正をかける。

 

例えばこの写真。

f:id:monr:20170313225125j:image

地面が斜めなのが気になりませんか?

 

f:id:monr:20170313225742p:image

iphoneでの操作になりますが、まず下の右から2番目のアイコンをタップします。

 

f:id:monr:20170313225842p:image 

 

そして1番左の矢印が書いてあるアイコンをタップします。

 

今回は自動で水平になりました!

 

あとは右のチェックボタンを押せば完了です!

 

f:id:monr:20170313230024j:image

 

これでスッキリ!

インスタに載せる前に微妙に歪んでないか確認するのを癖づけたらグーーッド!!

 

 

ご飯の写真はとにかく接写プラス背景ぼかし、これに限る。

 

まず、普通な撮り方。

 

f:id:monr:20170313230702j:image

 

器だったり、テーブルの木目だったりが見える方が雰囲気あるかも。

 

光の白い丸とか入りやすいし、構図的にもり真上から撮るのは難しいと思う。

斜め上からが撮りやすい。

 

この撮り方、面白みにかけるのであまりインスタ向きではないような気がしますが、ご飯の情報はきちんとしてる!

 

f:id:monr:20170313230340j:image

 

わたしはその場の雰囲気も合わせた写真を撮るのがすきで、周りの背景をぼかすと簡単に悦に入れる写真が撮れます!

 

(ただしちょっとご飯の情報がわかりにくい。)

 

iphoneだと背景ぼかしも簡単!

 

まず、iphoneを地面と垂直に近いぐらいたてて待ちます。

 

ご飯にレンズを近づけます。

 

そしてご飯のところをタップ!

 

するとご飯に焦点が合って、ご飯より遠い対象物はぼけます。 

 

ご飯は近ければ近いほど背景はぼけますので、近づけたら、遠ざけたり、対象物にタップしたり、調節しながらシャッターを切ります。

 

このときも極力要らないものが入らないことを気をつけてますが、逆に不自然に取り除かないように気をつけてます!

 

f:id:monr:20170313231635j:image

 

めちゃくちゃ近づけたいときは、何を撮りたいかがはっきりしてるとき、かも。

 

輝く黄身の流れを撮りました!

美味しそうじゃないですか?!

 

対象物を画面の真ん中からちょっとずらして撮るといい感じなのではないでしょうか??

 

ただご飯で何を撮りたいかがはっきりすることってあんまりないような気もするので、はっきりしたときだけの方がいいかも。

 

対象物が画面からはみ出すような写真を撮るのは難しいと思う。

 

あと、ご飯を撮るときはiphoneのカメラアプリに入ってるクロームというフィルターをかけるか、何もなしかをその時々で選んでます!

 

ロームを使うと、色味がはっきりするので、色味がはっきりしてる写真のときは綺麗です!

 

上3つもクロームです。

 

光!

光は大事です。

このときも日当たりがいい感じで良かったです。

 

ですがいい光がない席に当たることもしばしば。

 

そんなときの対処法は、、

 

諦めてさっさと食べるに限る!!