一生懸命頑張るのっていいこと?たまには気を抜こうのお話。

先日管理者がわたしは上昇志向がない、全然ない、と言った。

 


約1年間、次の考課で昇格出来るか悩んでいたわたしは軽く驚いた。

 


何でも、もう年だし目が見えなくてきたので管理者になったというのだ。

 


こういう人にわたしは評価されるんだなーと軽く呆然。笑

 


最近一生懸命頑張るということって実はあまりよくないことなんじゃないかと考える。

 


わたしは一生懸命やってるのに何故報われない?という気持ちになるのってその人にとってももったいないし、それを放出するなら正直周りも迷惑だ。

 


だったら手を抜いていいよって言いたくなるけど、多分そういうと怒られる。

 


会社の人には特に誰にも昇格について悩んでることは言ってなかったけどもし言ってたらすごい迷惑だっただろうな。笑

先輩なのにまだ昇格出来てない人もいて、その人に言ってたらどう思っただろう?自分がその立場だったらちょっとは気を使えって思ったかも。

昇格した先輩もやりづらいだろうな。笑

 


わたしは一生懸命やってる!

だから評価されるべきだ!

 


周りはわたしが昇格しようがしまいが、関係なく接してくれるだろうに。

 


一生懸命これからもやると思う。

だけどたまに気を抜こう。

 


昇格出来なかったらどうしよう、という気持ちが少し軽くなったというお話。

 

 

 

 

 

 

 


老眼。

わたしは今のところずっとパソコンを使って仕事しようと思ってるけど、パソコンの字が見えなくなってくるらしい。

レストランのメニューとか斜めからだともう全然見えないとか。

 

わたしが熱量を持って取り組めることって何?のお話。

1つ上の先輩が去年昇格して。


と言ってもBランクがCランクになるという昇格。

管理者になるとかそういうものではなくて。


おめでとうございます!と言った次の瞬間にはもう自分は来年昇格出来るんだろうか?という不安が芽生えて。


それから早くももう1年が経とうとしてる。


次は自分の番だ。

 

***

 

f:id:monr:20200112111949j:image

 

今年の抱負は一日一捨と毎日パック!

 

f:id:monr:20200112112026j:image

 

よく見えるようにキッチンに貼りました!

写真逆になっちゃった。

 

パックとは顔に貼るシートマスクでパックすることを指してます。笑

毎日お風呂に入った後してますが悩まされていた肌の乾燥がなくなったので当面続けていきたいな。

 

一日一捨は毎日ひとつものを捨てていくということです。

一気に捨てるってわたしには出来なかったので、一歩一歩亀の歩みで取り組もうという気持ち!

 

***

 

正直この1年、本当に昇格については悩んだ。

こんなに昇格に悩まされるとは思いもしなかった。

今の会社に勤めて7年8ヶ月。

なかなか働いたよね。笑

大好きな会社だ。

だけど、その会社から振られてしまうんじゃないか?!という気持ち。

昇格するために働いてるのか?

お金のために働いてるのか?

なんのために働いてる?

自分の中で自問自答する日々です。

 

毎日考えが変わってるので、やっぱり評価が決まらないことにはこの気持ちは晴れないんだろうな〜。

 

***

何度も挫折してるブログですが、また書いてみようかと思ってます。

 

今回からのメインのテーマは仕事についてにしようかなと思ってます。

暮らしと美容のブログでそれぞれに何年も愛読してる好きなブログがあって。

そのブログがすごく好きで、わたしもこんなの書いてみたい!という気持ちで、暮らしに関することや、美容に関することを書いてみたりもした。

 

だけど、それってわたしが本当に書きたいことではなかった。

というか書けることではなかった。笑

わたしなぞが到底叶いもしないマニアぶり!

大好きです。

これからもついていきます!

 

サブで今年の目標でもある毎日パック(美容)と一日一捨(暮らし)を書きたい。

暮らしと美容をメインにできるほどそれに取り組んでいないし、だから続かなかったと思う。涙

 

書くことが少ない。全て既出で取り立ててわたしが言うほどのことがないし、そこまで真面目に取り組めないことにも気がついた。笑

 

そういうことにその暮らしの方のブログを読ませていただいてたときに気がついた、この方は暮らしを1番に考えて日々を過ごしてるんだと。

美容の方のブログもそう。

ものすごい時間と費用をかけて化粧品をどんどん試してる。

熱量が、探究心がすごいから見ててすごく面白い。

 

じゃあ自分がそこまでの熱量を持って取り組めることってなんなんだろう?と考えたときに仕事!と言っていいのかと言えばそれもわからないし、ほぼ確実に脱線すると思うけどそれでもいい、熱量、探究心をもって取り組めることを探したい。

熱量、探究心を持って生きていたい!

 

書いてたら少しだけ見つかりそうな気がしてる。

そこに期待して!

 

よろしくお願いします。

 

早起き、またはただ起きるということ

 


先日友だちと早起きをしたいがなかなか出来ないということを話したが、どうしたら早起きが出来るのかについて考えてみた。

 


わたしは引越したことによって家を出る時間が早くなり、それまでより1時間間から1時間半は早く起きることとなった。

 


今までなら絶対に起きられなかった時間に起きないと仕事に間に合わないし、そうなると起きられるものだ。

今のところ遅刻はない。

それどころか振り返って考えても、部活や仕事に寝坊が理由で1分でも遅刻をしたことがない。

 


その理由は責任感とか強制力とかそういうものではない。

1分遅刻しても仕事にはなんの支障もないからだ。

なにかと言えば寝坊で遅刻をすると怒られる(のが嫌だ)もしくは恥ずかしい(のが嫌だ)という気持ちが働くからだと思う。

 


もし怒られるとか恥ずかしいとか思わないのであれば、遅れてるんじゃないかと思う。

 

 

 

それを証拠に友達との約束なら遅れたことが何度もある。

仕事なら1分でも遅れたら遅刻という気持ちで出社するのに、友達との約束なら1分遅れるということはもはや遅れたには入らない。

まして自分との約束だったとしたら?

早起きとは自分との待ち合わせみたいなものだ。

自分との約束なら何分遅れても遅刻に入らないし、その約束自体自分で揉み消すことが多い。

 


でもここでふと、そもそも自分とちゃんと約束出来てないんじゃないか、と思った。

仕事から帰ったら洗い物をするということを自分との約束にしてみたら、今のところ続いている。

あと自分が早起きしてやろうとしてることが夜やらなかった家事の先延ばしであることもよくなかった。

小学生のとき、テレビゲームがやりたくて、親が起きてくる前にやるために早起きしてたのを思い出す。

目覚ましなんてかけなくても自然と早く起きていた。

 


ここまで書いててあれなんだけど、最近たっぷり睡眠時間をとっている。とても元気。

ありがとう、なくてもいいですか?

彼がら熱がありしんどい、だるいという連絡があった。

仕事おわりすぐさまスーパーでうどん、雑炊を何種類かと水やスポーツドリンク、薬局で冷えピタ、風邪薬、栄養ドリンクを買い込み、彼の自宅へと向かった。

 

よりによって引越し前だ、少しずつ引越しを進めている一人暮らしの彼の家にいったい何が残ってるのか、そして何がほしいのか、どの程度体調が悪いのか、翌日も外に出られなさそうなのか、LINEではわからなかったので、とりあえずお湯さえ沸かせられれば何とかなりそうなものを翌日分まで買い込む。

 

家に着いた、とにかく腰が痛く、腰を揉んでほしいと言われた。

触るとめちゃくちゃ熱くて、熱あるねぇ、そりゃあるよ、みたいなやりとりをして。

 

腰を揉んであげながら、わたしは彼がありがとうを言うのかどうかを気にしていた。

自分の家とは反対の方向の彼の家にわざわざ来て、自腹で食糧や薬を買い込み、腰を揉んであげているわたしに対して。

 

親からよくありがとうは?と言われた。

親はわたしに誰かに何かしてもらったときはありがとうを言うように言った。

それは何もわかってないこどもに教えてあげることとして適切であることは間違いないし、他の親がそうしてるところもよく見かける。

わたし自身大人になってから、親にありがとうは?と言われてからありがとうと子供に言われたことが何回もある、というよりほとんどの場合そうだ。

 

それはそれでいい、子供はそれで。

この世界のシンプルで円滑なコミュニケーション方法の第一歩であるありがとうの正しい使い方を教えることは親として責務だとさえ思う。

 

でもなんだろう、大人になってありがとうを言われる立場になると別になくてもいいかなと思う場面が出てくる。

その場面というのは、やってくれて当たり前であってほしいことだ。

 

わたしが風邪で寝込んでしんどいときぐらい看病するのは当たり前でしょ。

言葉にはしない、そこまで期待もしていない、何かしてもらったらありがとうは?と言われて育ってる人が多いことも知ってるので、そう言われるとむっとされることも予想がつく。

 

しかもありがとうを言ってほしいとき、言わなくていいときの基準も自分基準の身勝手なものなので、ただわたしはそう思ってるだけに留めたい、なので言いはしない。

そんな身勝手なものにわたしなら振り回されたくないからだ。

 

でも今日ばかりは、年にそう何回もあるわけでもない風邪をひいたときばかりは、何もかもやってもらうことが当たり前であっていいよ、とわたしは心の中で感じていた。(自分のときもそうであってほしいものだとも思いながら。)

 

彼はうどんと雑炊2杯をたいらげ(多めに買ってよかった)風邪薬を飲んだ後、もう一度腰を揉んでほしいと言った。

腰に触れると全然熱くなくて、熱下がったねぇ、さすがだねぇ、と声をかけた。

 

ちょっとテレビを見てから帰ろうとしたとき、彼はありがとう、明日もよろしくと言った。

 

任せな、と言って帰った。

ブログタイトル変更します

難しいこと考えず、ただただ面白おかしく日記を書こうと思う

 


タイトルの通り。

棺にコスメというブログがすごく好きで、コスメに対する熱量が半端なくて、憧れで、わたしもまっすぐに何かに向かってものを書いてみたい、と思う。

 


まぁようは誰かにとって有益なことを書きたい、したいという気持ちがあった。

 


でもそもそも一貫して書いていきたいテーマって自分にはないというかわからないので難しいこと考えずただただ自分が日々感じたことを自分が好きなように書いていこうというシンプルな結論。

 


書くことが好きかもしれないと思ったのは10代の頃だったと思うけど、その好きな気持ち、それを大切にしていきたい。

 


書きものは自分にとってどこまでいってもただの趣味の延長でありたい。

仕事もしてるし、日々真面目に生きてる、だから自分が一番好きなことは自分が好きなようにやっていこう、大丈夫、バチは当たらない。自分が一番好きなこと、と自分で書いて自分にドキッとする。でも間違ってない。

 


他人にとってどうでもいいことだと思うだけど、ここまでかるのに結構時間かかったなー。

 


ブログタイトルも変更、ただただわたしの日記ですという決意と保身の意味を込めて。

見た目はすべでではないが、おおきい要素ではある。

昨日は友達と遊んで、まさかのブログも読んでると言われ、やる気がむくむく湧いた。友達と会って話すのって本当に大事だと改めて思う。昨日はありがとう!また細々と書きますのでよろしくどうぞー!

 


さて、頑張ってる友達の話にやる気がむくむく湧いたというのは先述の通り。ただやるべきこと、やりたいことが多すぎるあまり案外何も出来てないという現状を打破しないといけない、うすうす感じていたが、改めて。

 


今日は仕事が休みだったので、新生活を始めるにあたっての買い物や手続きなど色々済ませてきた。あれもこれもやれてないやーではなく、できたことの数を数えたい。

 


今日買ったものは

無印のアルミハンガー12本、ファイルボックス

マークスアンドウェブの食器用洗剤、ヘアバンド、石鹸用ネット

ecostoreのお洒落着洗い、ハンドソープ

ダイソーの排水口ぬめりとり

である!


f:id:monr:20191028172404j:image

 

全部すごく可愛いけど、ダイソーのデザインの破壊力すごい。

使うときは見えないからいいんだけど写真に収めると、やはり、、、お前はない方がよかった!!

 

でも、ぬめりとる力は半端ないので常々リピートしてる。

排水口はこのダイソーぬめりとりとダイソー排水口のネットの兄弟でずっときてるよ。

 

さて、わざわざ街にでて洗剤類を買いに行かなくても近所の薬局とかでも洗剤は売ってる。

でも生活感溢れるデザインだとテンション上がらない。

中身は正直なんだっていい、だけど見た目は好みのものがいい。

本末転倒であることも、その前に部屋片付けろもわかってますえーえーやりますとも!

オイル、クリームの所持数:15個

f:id:monr:20190606072535j:image

 

これは明らかに持ちすぎ.......

 

クリーム類は、肌に合わないことがあり、例えば左から3番目の資生堂のものは合わなかった。

その横の海外土産のクリームも怪しい.......

 

今は下の右のキュレルとその左のメルヴィータのオイルを主に使っています。

ヒルドイドは肌荒れがひどくて皮膚科でもらって、良いですが連続使用はよくないというのを聞いて、肌荒れが本当にひどいときだけ使っています。

 

これらはわたしの肌には合ってました。

 

クリームに関しては、しわ改善、アンチエイジング目的で色々試してました。

歳をとるなんて当たり前のことさえコンプレックスに感じて、このスキンケアが何とかしてくれるかも!と魔法のクリームにでも見えてたのでしょうか。

ただ乳液が合わないことが多いのと、乾燥もしやすい肌なので、合うクリームを見つけられたことはよかったかなとも思ってます。

 

上段右は肌荒れが治るという触れ込みで、買ったけど開けてもない.......

 

薄々思っていましたが当分買うのは控えるべきアイテムでした。