断捨離なんて出来ない。

愛すべき捨てられない人たちへ

オイル、クリームの所持数:15個

f:id:monr:20190606072535j:image

 

これは明らかに持ちすぎ.......

 

クリーム類は、肌に合わないことがあり、例えば左から3番目の資生堂のものは合わなかった。

その横の海外土産のクリームも怪しい.......

 

今は下の右のキュレルとその左のメルヴィータのオイルを主に使っています。

ヒルドイドは肌荒れがひどくて皮膚科でもらって、良いですが連続使用はよくないというのを聞いて、肌荒れが本当にひどいときだけ使っています。

 

これらはわたしの肌には合ってました。

 

クリームに関しては、しわ改善、アンチエイジング目的で色々試してました。

歳をとるなんて当たり前のことさえコンプレックスに感じて、このスキンケアが何とかしてくれるかも!と魔法のクリームにでも見えてたのでしょうか。

ただ乳液が合わないことが多いのと、乾燥もしやすい肌なので、合うクリームを見つけられたことはよかったかなとも思ってます。

 

上段右は肌荒れが治るという触れ込みで、買ったけど開けてもない.......

 

薄々思っていましたが当分買うのは控えるべきアイテムでした。

ボディークリームの所持数:4個

f:id:monr:20190605071007j:image

これが明らかに持ちすぎな理由はいくつかありますが、4つ中3つはSABON!

しかもそのうち2つは同じ香りで重ね付けするつもりでした。(実際1つで十分。)

SABONは香りが好きだし、パッケージも可愛くてスクラブやボディーソープも持ってますが、見た目が可愛くても中身は古くなる、、使わないと意味が無い、、、

あと、ボディークリームが減らない最大の理由が、肌に合わなかった乳液やクリームが体用に回るから。

まず、この合わないスキンケアを買ってしまうということを減らしていきたいし、とはいえ合わないこともあるので、基本的には体も顔用を使うことを念頭に置いて持ちすぎないようにしたい。

アイシャドウの所持数:4個

f:id:monr:20190604223043j:image

 

下のメイベリンと真ん中のmacは毎日使っていて、これがないと今のわたしの顔は出来上がらない。

 

ただ両端の2つはほぼ出番がなく、なくなっても全く困らないことは否定できない。

 

左はカラーが紫で、たまの気分転換用といった感じ。

普段使いはやっぱりブラウン系が安心。

CHANELは発色が良すぎてむしろ使いにくいけど、カラーとしては好きなのでこれを機に使うのもありかなーとは思う。(茶色。)

 

少なくとも、これ以上増やす必要はないし、幸い欲しいとも思っていないし、これにとても満足している。

 

外見のコンプレックスは人それぞれだと思う。

わたしは自分の目元をよりよく見せたい!と全然思わなくて、それより肌荒れの方が気になる。

目元はメイクしてます!と分かればいい。

眠たそうじゃなければそれでいい。

目元に関しては普通でいい。普通がいい。

 

昔はつり目が嫌でタレ目風になるようにや、目が大きく見えるようにアイライナーも引いてたが辞めてしまった。

なんというかそれは自分にとってどうでもいいことになったし、マスカラで十分だと感じる。

マスカラもCANMAKEの500円ぐらいのやつがとてもよくて、それに満足してるから、廃盤にならない限りそれを使い続けるんじゃないかと思うほど、いい意味で探究心がなくなってしまった。

 

先程メイベリンもなくてはならないと言ったけど、1回デパコスのアイシャドウを使ってしまうと、メイベリンとの差をものすごく感じる。

粉自体の煌めきというか、目が覚めてる感が違う。(語彙力)

メイベリンは別用途だけど、眉毛に使っている。

当たり前だけど、眉毛に煌めきはいらない、とにかく毛と毛を埋めてほしい。

アイブロー専用のパレットもあって使ってたことあるけど、アイシャドウの方が柔らかくてわたしには使いやすい。

ペンシルタイプも不器用だから扱いにくいし、かっちりした眉毛になってしまうのでやめてしまった。

 

これからもこれらを愛用します!

リップの所持数:11個

f:id:monr:20190604221759j:image

 

これは仕方がないと諦める。

 

色が違えば用途が変わる。

というか歳をとってリップが手放せなくなった感がある、なんというかいつもプール入ってきたんか?ってぐらい顔色が悪い。笑

 

単純に可愛くもあり、テンションがあがる、遊べるアイテムでもある。

 

顔色の悪さも、わたしが自分のパーソナルカラーとは逆のカラーが好きということも手伝っていることは否定できないし、自分がイエベで青みピンクが似合わないと知り、イエベ向きのリップを!と買い足しはしたが捨てなかったという経緯があるのは否定できない。

 

確かにブラウン系のリップはよく合った。

 

リップに関してはたくさん持っててなんぼなところがある唯一の化粧品アイテムなような気がする。

 

今後気をつけることがあるとするならブルベ向けのカラーは買わない、ということぐらいだろうか。

冬向けカラーが好きな自分への自戒を込めて。

 

ちなみに朝家ではリップブラシで塗る。

その際は試供品とか、パレットタイプが塗りやすい。

あと、遊びに行くときはその都度どの子を持っていくか選んで塗り直したい。

妹に借りたティントも気になる。

全然おちない。

グロスの所持数:3個

もらうことが多いグロス

f:id:monr:20190604220530j:image

 

グロスは思ったより持ってる数が少なかったです。

 

クラランスとJILLSTUARTは頂きもの、エテュセは福袋。

 

グロスはよく使うしよく減るからそんなに持ってないということと、肌荒れなどマイナスへの対処に目が行きがちなので、プラス効果の化粧品をあまり持ってないということも思いました。

 

 

でも他の化粧品よりも増して、衛生的にどうなの?ってアイテムでもある。

口紅よりさっと塗れるので便利でもある。

なくなると困るアイテムでもある。

間をとって3つは妥当か?と思いました。

化粧下地の所持数:10個

まず最初の把握したいものが何故化粧品だったのか、そしてその中でも何故化粧下地だったのか、について触れていきたい。

 

 

 

まず、化粧品にした理由は他でもない。

過剰に持ってる自覚があるから。

 

長年肌荒れに悩まされている。

最近では歳をとるごとに出てくる別の悩みにも対処すべく、いいと言われる化粧品を無秩序に買ってしまう傾向があった。

 

何故化粧下地だったかと言えば、まだ持ってる数が少なく、置いてある場所も把握できていると思っていたから。

他のアイテムは持ってる数がもっと多い気がして、めんどくさくなりそうな気がしてしまいました。笑

 

結果が

f:id:monr:20190604212934j:image

 

化粧下地の所持数:10個

 

最近顔色が悪いな、と思うことが増えてきて。

 

自分の顔には何色のコントロールカラーが合うのかな、と試したくて買ったのが下の5つ。

5つとも塗ると結構透明になって、わたしの顔色やニキビ跡の補正までは出来なかったです。

 

上列1番左のsugaoもピンクのコントロールカラーですが、鈍感なわたしには全然わからず。

 

プリマヴィスタは化粧が崩れないと友達の間でも評判で買ったけどわたしにはよくわからない。。

 

シュウウエムラのものはどちらも福袋に入っていたもので全く未使用です。

 

どれも肌をよく見せてくれるんじゃないかって期待して買った。

だけど色々使ってみて思った、化粧下地ではわたしの望むカバーはしてくれないと。

カバーするなら、ファンデーションやコンシーラーが必要と。

 

断捨離なんて出来ないから、とりあえず1つ1つ使っていきます!

もう化粧下地は買いません。

化粧下地は使ってたらなくなる。

いつか自分に最適な化粧下地1つを満足して使ってますように.......!

はじめまして!

片付けの基本。

全て出す、いるものいらないものに分ける、いるものは決められた場所に直していらないものは捨てる。

 


それが出来ない、正しくは逃げてる。

 


断捨離という言葉が世の中に浸透してもう何年経つのか。

断捨離に成功した人、断捨離をしようとも思わなかった人、そして、

 


断捨離をしようとしたが未だに出来てない人。

 


に分かれると思う。

 

 

 

断捨離なんて出来ない。

 

 

 

捨て方にもコツがある。

ときめくものだけ残す、というこれもまた有名な近藤麻理恵さんが提案した方法もある。

 

 

 

ときめくものを残すことは出来た。

 


ときめかないものを処分することが出来なかった。

 

 

 

断捨離なんて出来ない。

 


そう思って数年が経った。

 

 

 

話は少し飛ぶが、最近毎日体重を測っている。

体重が減ってるときとても嬉しい気持ちになった。

毎日自分がどれぐらいの重さなのか把握することで、食事に気をつけるようになった。

 

 

 

断捨離なんて出来ない。

だけど自分がどれぐらいの量のものを持っているのか把握すること、それぐらいは出来るんじゃないかと急に思いついたのは、9月に引越しが迫っているからだと思う。

 


今回の引越しは一人暮らしの解消でもある。

終活ではないが、持っていけない、人様の目には触れさせられない(は言い過ぎだけど)もの、たくさんある気がする!

 


でも、

 


断捨離なんて出来ない。

 


だから、

 


十分持っているものを買うのはやめよう。

今持っているものを存分に使っていこう。

 


断捨離というか、捨てるというか、

ただ捨てるということが気持ちいいとか何とも思わない人っていると思うし、捨てることに対して嫌な気持ちを持つ人もいると思う。

 


わたしは完全に後者で、後者のようなタイプがじゃあどうやってものを減らしていくのかについて自分を実験台にして考えていきたい。

 

 

 

断捨離なんて出来ない。

 


わたしもです。

よろしくお願いします。